箱根西麓三島野菜の仲間たち

TOP PAGE > 箱根西麓野菜の紹介 > 箱根西麓三島野菜の仲間たち

箱根西麓三島野菜がおいしい理由。それはにあり!

箱根西麓地域に良質な土を与え、土壌を豊かにする要因は温暖な気候と畜産から生まれた肥料です。 この地域の温暖で豊かな気候は野菜だけでなく動植物の生育にも大きな影響を与えています。
  • こだわりの餌で大切に育てられた畜産から作りだされる天然の肥料は、良質な土の源です。
  • 畜産から箱根西麓三島野菜へ。
  • 畜産からハウス野菜へ。
  • 畜産から花へ。
箱根西麓三島野菜がおいしい理由

畜産Animal Husbandry

お問い合わせ:三島函南農協販売課 055-971-8217
箱根山麓豚(はこねさんろくとん)
箱根西麓の豊かな自然で育ちました

水と飼料にこだわり、豊富な地下水と厳選された飼料に海藻の粉末や木酢液を加えることで豚肉特有の臭みをおさえます。肉の繊維が細かく、脂質の旨みと甘みが特徴です。
もち豚(もちぶた)
日本人の嗜好に合った「日本一と言いたいおいしさ」の極上の豚肉!

自分たちが食べたい。そして子供たちに食べさせたい。環境や飼料のこだわりはもちろん、質の良い親豚や高い品質を保ったまま消費者に提供するルートを設け、管理しています。
良質な脂肪と、きめが細かくなめらかで、とっても柔らかくジューシーな豚肉です。
箱根西麓牛(はこねせいろくぎゅう)
三島ブランド認定 箱根西麓牛

主に黒毛和種と和牛ホルスタインを掛け合わせた交雑種と黒毛和牛を肥育しています。箱根西麓の自然に囲まれた土地で富士山の雪解けの湧水を贅沢に飲ませ、配合飼料に穀類を加えて与えることで、肉の旨みや赤みの甘みを引き出します。シンプルな調理法でいただくと、味の違いは一目瞭然。しっかりと濃く、とても甘い肉の味が口いっぱいに広がります。
酪農
豊かな自然が育んでくれる丹那牛乳

丹那は120年の酪農の歴史が脈々と息づく「酪農の里」。
静岡県の伊豆半島の付け根に位置し、北に優美な富士山を望み、箱根や伊豆の山々を背にした標高250mの小さな盆地です。
豊かな自然の中でのびのびと健康に育った乳牛からは、しっかりと濃くて甘い、自然の恵みが凝縮された栄養豊かな牛乳ができあがります。
日の出たまご(ひのでたまご)
食べてわかる本物の卵

日の出の太陽のような鮮やかな橙色の卵黄が特徴の「日の出たまご」は、 箱根のミネラル分を豊富に含んだ赤土に坪当たり16~17羽と非常に薄い状態で平飼いされています。
指でつまめてしまうほどのプリプリとした弾力と、舌に残る濃厚な味わいが特徴です。

花卉Flower

お問い合わせ:三島函南農協花卉組合 055-971-8208
ハーブ
心を込めた香りの贈り物「ハーブ」

ハーブには多くの効能があり、利用法もさまざま。
料理や薬用、化粧品、香料といった用途から、農作物の病害防除に役立つハーブもあります。また、ハーブの香りには森林浴と同じ効果があり、「香草浴」で心のリフレッシュもできます。ラベンダー・ローズマリー・ミント・タイムなど250種類のハーブ苗を周年栽培しています。
洋ラン
「花を贈る人・贈られる人・手にする全ての人に喜んでもらえる花をつくることが使命」

根腐れを防ぐため、毎日水をあげることをせず、かわいがりすぎないことが栽培のポイントです。シンビジューム・ポリプロポンなど個性的な花を多く栽培しています。
切り花(バラ)
「大切な人にバラの花束を」

バラの流行花色の動きは速く、常に消費者ニーズなどの情報収集は怠らないようにしています。ルールマジクやケールといったオリジナル品種も取り揃えており、皆さんを楽しませること間違いなしです。
鉢花
夢と感動をお客様に。一年中楽しめるような花づくりを

マーガレット(風恋香)・ブーゲンビリア・コリウス等を栽培しています。心を癒す花で花壇やプランターをいっぱいにし、ホッと一息、心に余裕をもちましょう。

ハウス野菜House Vegetables

お問い合わせ:三島函南農協販売課 055-971-8217
いちご
静岡県の主力品種である紅ほっぺときらぴ香を栽培しています。

紅ほっぺは2002年(平成14年)に静岡県で誕生した品種で、果実が大きく香りも良く、ツヤがあり鮮やかな紅色で果肉も真っ赤になります。また、甘味と酸味のバランスが良く、いちご本来の濃厚な味を堪能できるのが特徴です。
きらぴ香は2014年(平成26年)に静岡県で誕生した新しい品種で、きらきらとした宝石のような輝きで、みずみずしくなめらかな口当たりと品の良い甘みとフルーティーな香りが特徴です。
IPM技術である天敵昆虫や微生物農薬を最大限に利用してる為、化学農薬の使用回数を減らす事ができ、安全で安心ないちごの生産を実践しています。
メロン
“これぞメロン”というはっきりとした濃い甘さ

みしまメロンは三島市内でも標高の高い箱根の麓に位置した場所での栽培を行っており、昼夜の寒暖差から糖度がしっかりのったメロンができあがります。薄い甘さではなく“これぞメロン”というはっきりとした濃い甘さのあるのが特徴です。つるをしっかり残し出荷を行うため食べ頃もわかりやすく、鮮度が良いことは一目瞭然です。
トマト
身が締まっていて、ジューシーで甘いトマト

全国に先駆けてビニールハウス栽培を始めた三島函南地区では、低温でじっくり成熟した甘みの強いトマトが特徴です。
果肉がしっかりとした、甘さと酸味のバランスが絶妙な「丸玉トマト」、独自の栽培方法でフルーツのような甘みを引き出した「フルーツトマト」など、さまざまな種類のトマトが栽培されています。
マンゴー
美味しいマンゴーへのこだわり

約200本のマンゴーの苗を沖縄から取り寄せ、ハウスで栽培し加温を行うことで県内でもマンゴーが栽培できるようにしています。
摘果作業を行い1枝に1果だけ実を成らせ、その実に十分な栄養がいきわたらせることで、大きくて実のしっかりした美味しいマンゴーができます。
長卵形をした赤皮、オレンジの果肉で繊維が少なく柔らかい代表的な品種アーウィン(アップルマンゴー)やボリューム感のあり肉質がきめ細かく濃厚な味わいなキーツ(キーツマンゴー)を栽培しています。